犬1匹と猫5匹

南の島からやってきた犬1匹と、個性豊かな元野良ニャン5匹と暮らす、平凡な飼い主のそんな日常

LOHASくるみ谷 (京都府京丹後市) クッキーくんに会いに行く!

ちわ。
暖パンが手放せない、ユニクロな季節がやってきました。

さて。
シーがうちに来るまで、
旅行と言えば年に2~3回の沖縄行きと、温泉旅行が定番でした。
しかし今でも沖縄行きは変わりませんが、
それ以外の旅行は全部シーと一緒に行くため、
必ずペット可の宿を探すようになりました。
私は元々そういう調べる作業は嫌いではないので、
良さ気なところを見つけては予約し、
この3年で20回近くシーと泊まりに行きました。

すっかり旅行犬となったシー
DSC06532.jpg

そして今回泊まりに行った「ロハスくるみ谷」。
ここはシーに似た看板犬クッキーくんがいることから、
随分前から気にはなっていたのですが、
古民家の一部屋を借りるというスタイルや、
特に周辺に行きたい施設がなかったことなどもあり、
なかなか予約をする機会がやってきませんでした。
しかし、10月に久しぶりにブログをのぞいてみると、
いつのまにか老犬になったクッキーくんの体調があまりおもわしくなく、
寝たきりの状態に近くなっていることがわかりました。

クッキーとくるみ谷
こちらのブログ、奥様が書いているのですが、写真も文章もすごくいいのです。
私にあの空気感は出せません。独特の世界観があります。
きっと奥様自身がすごく優しい方なのだと思います。

猫たちには感謝!
DSC06519.jpg

ハルを亡くしてから死というものに敏感になっていた私は、
すっかり痩せてしまったクッキーくんの姿を見ていると、
いつしかそこにシーの姿を重ねるようになっていました。

「シーもいつかこうなるんだな」
「歩けなくなったシーの姿を見るのはつらいだろうな」

そんなことを考えていると、
少しでもクッキーくんが元気なうちにどうしても会いたいと思いました。
そして、クッキーくんに似たシーを見て、
ご家族の方が元気づけられることはないだろうか?とも思ったのです。

早速予約画面にログイン、しかし土曜日はすでに満室の日も多く、
11月8日の予約がその時点で取れる一番早い日でした。
それからというもの毎日のようにクッキーくんの様子をブログでチェックしました。

「あぁ、今日も元気そうで良かった」
「私が会いに行くまで待っていてね」

そして、やっとその日が来ました。
今回の旅行はクッキーくんと会う!というのが目標のため、
あまり予定はたてずに、朝もゆっくりの出発。

昼食はこちら、篠山市の「クワモンペ」さんで。
PB084285.jpg

過去によほどマナーの悪い客でもいたのだろうか?
DSC06470.jpg

周辺には何もなくポツンとこのお店だけがあるのですが、
やたらとここだけが混んでいました。
ペット可はテラス席のみですが、寒いせいか空いていたので、
すぐに呼んでもらえるかと思い順番待ちをしていたら、
どうも店内、テラス希望と関係なくあくまで先着順で呼ばれるようで、
けっこうな時間待つはめに・・・
PB084271.jpg

DSC06469.jpg

料理はこんな感じ。
そこそこおいしいんですが、私たちのオーダーの仕方が悪かったのか、
全体的にこってりしていて、最後の方には飽きてきてしまいました
ちなみにワンコ連れは私たちだけでした。あまりペット可と知られていないのだろうか?
DSC06471.jpg
DSC06474.jpg
PB084280.jpg
PB084283.jpg

ごめん、わんこメニューはないんだよ
PB084274.jpg

お店を出て最初の休憩地。紅葉がきれいでした
PB084288.jpg

続いては、名前につられて「海と星の見える丘公園」へ
PB084297.jpg

寒いけど気持ちいいです!
PB084300.jpg

自分たちの写真は撮らなくても、シーのは撮る
PB084301.jpg

シーには旅行中も手作り食を持参。最近はさつまいもが多め
PB084304.jpg

その後、宿に向かう途中で見渡す限り誰もいない場所があったので、
シーを少し走らせていたら、よほど楽しかったのか、
車に乗せようとした時に恒例の「帰りたくない~※」が出ました。
(※ふせをして断固として動かず、上目遣いで私たちの様子をうかがいます)
なかなか立とうとしないので、旦那が試しに車を走らせてみようかと提案、
二人で先に車に乗って少しだけ走らせてみました。
すると、シー、慌てた!かなり慌てました!
驚いた顔をして立ち上がり、車に向かってダッシュして来ました
かなり必死!置いていかれると思ったのかなー
PB084320.jpg

夕方、やっと宿に到着。
古民家一階の、リビングと続きの一室が私たち用の部屋。
建物の中は「和」というより、どちらかというとモダンな洋のイメージ。
部屋の隅にはリードフックと犬用の寝床もありましたが、
私たちが起きている間、ずっとシーはフリーでした。
寝ている間だけは他の部屋に行ってはいけないので、
(薪スト-ブの暖かさを部屋に入れるため扉を開けたままにしていました)
リードにつないだままにしていましたが、
居心地が良かったのか、朝まで専用の寝床でおとなしく寝ていました
PB084327.jpg

食事はこんな感じ。ここで獲れた野菜や温まるお鍋などなど
PB084339.jpg
PB084345.jpg

自分の家のようにリラックスするシー
PB084343.jpg
PB084342.jpg

こちらはどぶろく。ぱっと見た目はヨーグルトのようでした
PB084338.jpg

そして、そして、クッキーくんに会えました!
泊まりに来ても、もう看板犬は引退しているわけだし、
体調も悪そうなので会うのは無理かなと思っていました。
会えたとしても遠くから少し眺めるだけとか。
それなのにクッキーくんを外にトイレに出す時に、
こんなに近くで会うことができました!
目も耳もほとんど機能していないのではないか?とのことでしたが、
全部理解して、全てを受け止めているような、ハルと同じ優しい目をしていました。
表情も穏やかで、とても大切ににしてもらっていることがすぐにわかりました。
ほとんど寝たきり状態だけど食欲はまだあるとのことで一安心。
いやークッキーくん本当にかわいかった!
つい頭をなでてしまってごめんなさい。驚かせたかも。
もっと早く来て、シーと一緒に散歩をしてもらいたかったなー
DSC06476.jpg

食事の後はリビングでのんびりコーヒータイム。
薪ストーブの暖かさは素晴らしい!
テレビとパソコンがないとほんとのんびりできていい!
ちなみに音楽を聴いたり映画を見ることはできますが、
私は静かに過ごさせていただきました。

朝食は洋食。「ゴパン」でパンを焼いているようです。
もちもちしていておいしかったです
PB094348.jpg

二日目は朝から雨。
いつもなら「えー」と思うところですが、
すでにクッキーくんと会うという目的を果たしたので、あまり気になりませんでした。
そして、雨の中、クッキーくんが奥様と一緒にお見送りに来てくれました!
また会えるとは思っていなかったので、すごく嬉しかったです
DSC06477.jpg

ママに抱っこされていい笑顔。あかん、かわいすぎるー
DSC06485.jpg

シーと一緒に写真も撮らせていただきました。
聞こえないかもしれないけれど、たくさん話しかけました。
「元気でいてね」 「ありがとう」 「また会おうね」
DSC06492.jpg

クッキーくんは確かに痩せてはいるけれど、
まだ好きな物なら食べるというし、
このままなら新しい年を迎えることもできると思いました。
また春になったら会いに来よう、
それまで元気でいてくれますようにと願い、私たちは宿を後にしました
DSC06488.jpg

帰り道、気になっていた福知山の「音衛門」に立ち寄り。
このお店、楽天市場のパウンドケーキ部門でいつも上位。
一度食べてみたいと思っていました。

本店はなんだかとても高級なたたずまい。
通信販売用の出荷なのか宅配会社のトラックが止まっていました。
店内もあぁ、これは何も知らずにうっかり入ってしまうと、
きっと戸惑うに違いないという雰囲気。
でも、ま、スタッフさんは時給で働いているだろうし、なにも緊張することはないわな。

しばし何を買うか物色。
高級なやつはパウンドケーキ一本で一万円以上します!
うーん、私ならどこかに一泊して、おいしい物を食べに行くほうがいいなー。
自宅用というより、きっとこれは手土産需要が多いのではなかろうか。

お店の外観。洋菓子屋には見えないね
PB094351.jpg

こちらは栗のタルト
PB114357.jpg

他にパウンドケーキプレーンとシュークリーム、フィナンシェなどを買いました。
パウンドケーキは洋酒が効いてて、ずっしりくる中身のつまったタイプ。
おいしいけど、やっぱり私のパウンドケーキナンバーワンは東京千歳烏山にあった「パリジェンヌ」!
あそこの店主は本当に職人だった。おいしかったなー

そして。
家に帰った翌々日、クッキーくんのブログを見に行きました。
するとまず目に入ったのが「虹の橋」という言葉。
涙が出ました。信じられませんでした。
私たちが帰った次の日にクッキーくんは旅立ってしまっていたのです。
私の手にはまだクッキーくんの感触が残っていました。
まさか次の日に亡くなってしまうようにはとても見えませんでした。

ずっと会いたいと思っていました。
クッキーくんにその思いが伝わって、私が行くまで待っていてくれたのかな?
元看板犬だから、お客さんがいるあいだは旅立てなかったんだね、きっと。
最期まで立派な看板犬だったね。
ありがとう。会えて本当に嬉しかったよ!
今頃たくさんおいしいものを食べて、思いっきり走り回ってるかな?
うちの食いしん坊ハルにご飯を取られてなければいいけど・・・

私もクッキーくんに負けないように、シモジと楽しい思い出をたくさん作るよ。
本当にありがとう。いつかまた会おうね!

DSC06484.jpg

スポンサーサイト
  1. 2014/12/04(木) 01:51:49|
  2. 京都府
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

弁天館 京丹後 (京都府京丹後)

2013年5月18日~19日

ペットと泊まれる宿は、まだ食事が充実しているところは少ないと思われる。
普通なら食事や温泉や部屋などから確認していくが、
犬連れだと部屋では自由にできるか?ドッグランはあるか?食堂に連れて行けるか?
などの確認から始めることになってしまうので、
どうしても食事内容は二の次になってしまう。

そんな人間の事情は知ったこっちゃない黒い犬と猫。
CIMG3107.jpg

が、そんな中、探し当てたのがこちらのお宿。
HPを見る限り、なかなか食事が充実していそうでいい感じ。

早速、予約の電話。
携帯に転送されるようで運転中の女性が出る。
ちょっと驚いたけど、応対の感じは良かった。
その後も、案内のパンフレットが届かずもう一度問い合わせをしたり、
なんかのんびりした対応の宿のようだ。

では、まず到着前に海で遊びましょう。
もちろん、シーは泳げませんが。
CIMG3478.jpg

そして、宿へ。
シーが砂浜で転がりまくり、どろどろになったのでシャワーを借りてからチェックイン。
どうもこの日の客は私たちだけだったようで、
他のわんこと出会えないのはさみしいけれど気兼ねなく過ごすことができました。
CIMG3500.jpg


夕食は大食いの私たちでも満足できるボリューム。
メニューがなかったので、デザートが出るまで気を抜かず食べました。
CIMG3485.jpg

CIMG3490.jpg

CIMG3491.jpg

CIMG3492.jpg

CIMG3493.jpg

部屋は和室なのですがゴザがひいてあるので犬連れには安心。
お風呂も家族で貸切ることができます。
猫たちのおさがりベットに無理やるおさまるシー。けなげ。
CIMG3495.jpg

翌朝は近所を散歩。
子供のころの町並みって感じで、高い建物がないのはやはり良い。
CIMG3497.jpg

朝食ももちろん和食。
夕食がボリュームあっただけに、ちょっと物足りない感じ。
CIMG3501.jpg

建物の隣にあるドッグラン。
宿のトイプードルちゃんがいました。
CIMG3505.jpg

食事がなんせ良かったので、リピート決定です。

…が、後日談。
その後泊まりにいった知人によると、どうも食事の提供に問題があったりで、
とてもじゃないがリピートしたい宿とは思えなかったとのこと。
もしかしてなにか体制に変化があったのかも?
  1. 2013/08/17(土) 12:36:55|
  2. 京都府
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ponko

Author:ponko
(犬)シモジ 6歳
(猫)ちょん 21歳☆
   ハル  17歳☆
   おくら  17歳
   アギー  11歳
   ナミさん   9歳
   ちゅちゅ  2歳
   うみお  2ヶ月
  (人)旦那  1名
・・・と暮らしています。
全員オスなのは偶然です。

最新記事

いわゆるランキング

参加してみました!ポチッとどうでしょう?

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

最新コメント

カテゴリ

犬 (98)
犬と旅行 (46)
愛知県 (2)
岡山県 (5)
岐阜県 (2)
京都府 (2)
滋賀県 (1)
静岡県 (4)
徳島県 (2)
鳥取県 (4)
兵庫県 (7)
福井県 (2)
三重県 (10)
和歌山県 (4)
犬とご飯 (21)
犬と六甲山 (32)
犬と登山 (4)
猫と犬 (70)
ドッグラン (40)
猫 (107)
猫-通院記録 (47)
外猫 (2)
旅行(犬無し) (6)
その他 (1)
ハルのこと (3)
ちょん (19)

検索フォーム

月別アーカイブ

ご訪問、ありがとうございます

出会いはここから

こんなのありました

ペット人間化メーカー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR