犬1匹と猫5匹

南の島からやってきた犬1匹と、個性豊かな元野良ニャン5匹と暮らす、平凡な飼い主のそんな日常

ちゅったん、やっぱり尿石がいっぱい!

ちわ。
豪雨です。散歩に出れない、困ったわー。

さて、2月に入りおちっこ詰まりで病院通いが続くちゅちゅ。
今回は2月24日の通院後、わずか4日目にしてまたおちっこが詰まりました!
この日は朝ごはんも食べなかったので、夜、旦那と急きょ病院へ。

DSC_1602_2017041721075491a.jpg

病院でカテーテルを通して尿を出し、水分補給の点滴、炎症止めの注射。
さらにこの日からステロイド薬も処方されました。
とりあえず一安心で翌朝には点滴のせいか、大量のおちっこが出ました。
が、こんなことを何回繰り返せばいいのか、だんだん不安になってきました。
なんというか根本的に何もよくなっていない気がするというか・・・
この治療を繰り返すことがちゅちゅ自身はもちろんのこと、
見ている私自身もすごくすごくつらいのです。

DSC_1600.jpg

というわけで、ちゅちゅの膀胱の中身を知るべく、
3月4日、今回は違う病院へ検査を受けに行くことに。

ちゅちゅ、行くよ~
DSC_1606.jpg

ほんとだね
IMG_20170222_222616.jpg

ちょん様、あきれていらっしゃる?
IMG_20170216_192002.jpg

で、結果。
膀胱のエコー写真を見ると、小さな尿石がたくさーん写っていました。
予想していたこととはいえショック!
これはまたいつ詰まってもおかしくない状態です!
ステロイドを服用中のことを話し、
この日は抗生物質コンベニアの注射、
さらに療法食をc/dからs/dに変えることに決定しました。

ちゅったん、やっぱり尿石だったねー
頑張って、早く治そうね!
DSC_1649.jpg

そういえば自分でなめ壊して皮膚がぼろぼろのアギーも、
洋服生活をいつまでも続けるわけにもいかないし、
次に行くとき一度きっちり検査をしてもらおう。
でないと買っても買っても、洋服がこんなことになるだけだわ
IMG_20170222_224351.jpg

ハルの時にどこまで検査や治療をするのか悩んで、
今でもまだやはり悩むことも多いですが、
今回は検査をして原因がはっきり目に見えてよかったです。
ちゅちゅが良くなるように思いつくことはどんどんやっていきたいと思います。
うん、まずはきれい好きなちゅったんのためにトイレ掃除の回数を増やそう!

おまけ。
何歳になってもこんなに可愛い猫ってなんだろー。
猫のことで落ち込んでも、それを癒してくれるのはやっぱり猫なのです。
一緒にいてくれて本当にありがとう。感謝
20170225_130609597.jpg

では、また。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/17(月) 22:43:36|
  2. 猫-通院記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゅちゅ、再びおちっこ通院

ちわ。
この週末は残念ながら雨予報。桜大丈夫かなー。

さて、あいかわらず甘えん坊なちゅったん。
あるときはナミ兄ちゃんを台にしてみたり・・・
DSC_1572.jpg

またあるときはアギー兄ちゃんにべったりだったりと、
のんびりまったりな日を過ごしていたわけですが・・・
IMG_20170228_001919.jpg

前回のおちっこ詰まりから2週間もたたないうちに、
またおちっこが出なくなってしまいました!

というわけで、2月20日は朝一番で病院へ!
前回同様カテーテルを通してたまっている尿を出し、
炎症止めの注射と点滴の処置をしてもらいました。

が、帰宅後、点滴をしたせいか一応おちっこは出ましたが、
やはり出にくそうな様子は変わらず。嫌な予感・・・
ちゅったん、病院頑張ったのにね
DSC_1578.jpg

そして、嫌な予感は的中。
23日の夜中、再び尿が出なくなりました。
トイレに何度も行くものの全くダメ。
よほど気持ち悪いのか、ついにトイレ以外のところでおちっこポーズ。
しかしそれでもやっと出たのはわずか1cc程度でした

というわけで、またまた24日朝一番で病院へ。
カテーテルと炎症止めの注射の処置を受けました
IMG_20170224_101650.jpg

帰宅後、病院で疲れたのかシモジ母ちゃんのそばにいきべったり。
シーくんのお尻に顔をうずめたまま眠ってしまいました
DSC_1580.jpg

さらにシーくんの足にぎゅーっとしがみつくちゅちゅ。
病院、怖いし痛いし、私たちに押さえつけられてつらかったんだろうなー
DSC_1583.jpg

シモジ母ちゃんがいてくれて良かったよ
DSC_1582.jpg

私がやきもちをやくくらい、本当にちゅちゅはシーくんが大好き。
さすがに育ての親だけあるね!
1487307550705.jpg

シーくん、これからもちゅったんんことよろしくね!
1487307545994.jpg

それにしても尿石症は厄介です。
同じものを食べてもできる猫、できない猫。
繰り返す猫、おさまる猫。
とてもなりやすい病気なのに最悪命を落とすことになりかねない。
それなのに根本的な原因もはっきりしない。
動物業界の方、どうかもっともっと一生懸命研究してください
いつまでも療法食の売り上げナンバーワンが尿石ってどうかと思うなー。

では、また。

  1. 2017/04/06(木) 22:53:00|
  2. 猫-通院記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゅちゅ、おちっこ通院

ちわ。
ちゅちゅのおちっこが詰まってから初めての週末、
その後もおちっこの出が悪かったり、食欲が落ちたりしたので、
2月11日は朝から病院に行ってきました。

ちょうどこの日位から食欲も遊びも復活したけど念のためにね
DSC_1536.jpg

結果、この日はおちっこもそんなに溜まっていなかったようで、
抗炎症剤の注射のみで終了しました。とりあえず、ほ。

そしてこの日は付き添いとしてシモジ母さんも出動していたので、
帰り道、病院のご褒美に近くの公園でお散歩することに

病院が終わったら元気になるちゅったん。
行く時は不安そうなのに明らかに様子が違う
DSC_1543_2017032919032489a.jpg

シー母さん、いつもすまないねー
DSC_1544_20170329190325ed0.jpg

お外に出る気満々です!
DSC_1555_2017032919135030a.jpg

というわけで、はいどうぞ~
IMG_20170211_100529.jpg

最初はちょっとビビリ気味ですが、そのうち好きに歩きだします
IMG_20170211_100453.jpg

お外だといい写真が撮れるねー
IMG_20170211_102148.jpg

やだ~ちゅったん、モデル猫になれるかも
IMG_20170211_102156.jpg

対照的にシモジ母ちゃんは主役の座を奪われておもしろくない様子。
この日も地面に転がりまくって駄々をこねまくっていました
IMG_20170211_101811.jpg

結果、お散歩後のシモジ母ちゃんは草だらけ・・・
DSC_1549_20170329190407124.jpg

それでもやっぱり仲良し親子。
もうこの可愛い後姿ったらないです!可愛すぎてまじ泣けるよ
DSC_1559.jpg

帰宅後、私だけ友人と一緒に「猫シンポジウム」へ。
愛護団体が主催しているもので、ゲストは杉本彩さんでした。
遠くからでも美しさはわかるし、動物たちの愛もしっかり伝わりました。

その後は友人とご飯へ。
もう30年以上のおつきあい。
私が猫と暮らすようになったきっかけとなった人。これからもよろしく!

おまけ。
ついにちゅったん、二足歩行になる?
DSC_5403.jpg

では、また。


  1. 2017/03/29(水) 19:49:13|
  2. 猫-通院記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゅったん、おちっこが出ない!

ちわ。
今年は旦那の花粉症がつらそうです

さて、2月8日の夜、ちゅったんを急きょ病院へ連れて行くことに。
というのも、トイレに行ってもおっちこが全くでていない!
長い時間頑張ってもダメ!お腹も張っている!
過去の経験からこれは恐らく尿石!様子見をしている余裕はない!

1匹飼いならトイレシーツの跡を見れば、
微妙なおしっこの変化にもすぐ気づけるかもだけど、
うちは多頭飼いなのでなかなか難しく気づくのが遅れたかも。
ちゅったん、ごめんね!

シモジ母ちゃんみたいにたくさんお水飲むんだよー
IMG_20170201_201354_20170326215830b60.jpg

ぎりぎり診察時間内に病院に到着。
猫先生が尿を出すためにカテーテル挿入も、
やはり石が詰まっているのかなかなか通らず、
ただでさえ拘束されるのが嫌いなちゅったんは大暴れ
それを押さえつけるのが仕方ないとはいえつらい。

それでもなんとかカテーテルを通すと、
溜まっていた大量のおちっこが吸いだされました。
その後、抗炎症剤を注射。ちゅったんも私たちもぐったり・・・
IMG_20170208_202237_20170326215827b6d.jpg

それにしてもこの尿石症。
原因がはっきりせず体質にも大いに左右されるのか、
うちの場合、ちょんは若かりし頃に2~3回経験有り。
しかしこの時は重症ではなかったので、療法食のみで対処できました。
IMG_20170205_103937_20170326215738da1.jpg

天国支部にいるハルは経験なし。おくらも経験なし
DSC_1493_20170326215733bef.jpg

アギーも経験なしなので、一時期そんなことはすっかり忘れていたら・・・
IMG_20170210_142452_20170326215828a6e.jpg

次に来たナミがまた尿石症!
この時点で5匹中2匹、40%の確立で発症ということに。
(ナミに関しては定期健診と療法食メインはまだ続行中)
DSC_1508_20170326215734f83.jpg

そしてナミが落ち着き、また忘れかけていたら今度はちゅちゅ!
太めで水をあまり飲まない、遊びも控えめ等、ナミと共通することも多い。
あ~これでまたしばらく平和な日は来ません
しかも今、ちょんのイボ、おくらの口、アギーの皮膚と気になることだらけ・・・
DSC_1514_2017032621573614b.jpg

が、悩んでいる暇などなく私に出来ることはどんどんやっていかなければ。
とりあえず汚れたトイレは大嫌いなちゅったんのために掃除回数を増やし、
遊んで疲れさせて少しでも水を飲ませるようにしないと。
どうかどうか、良くなりますように!

シモジ母ちゃん、祈っているように見えなくもないけど、
これはどう考えてもただの穴掘り・・・
DSC_1529_20170326215737a4d.jpg

猫が元気ないと私も沈みます。
では、また。

  1. 2017/03/27(月) 00:02:58|
  2. 猫-通院記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナミさん、定期健診

ちわ。
掃除が全く進みません。大掃除どころか小掃除にもなりません

さて、最近は尿詰まりも起こることなく、のんびり過ごしているナミですが、
11月26日に尿と目と歯の定期健診に行ってきました。

すっかり黒色率が高くなった我が家の猫団子
IMG_20161119_184655.jpg

結果、膀胱に多少の砂はあるものの、特に目立った結晶はなし。
目も黒い点は相変わらずだけど、腫れなどの異常はなし。
今一番問題なのはお口の中かな。歯石がびっちりです
とりあえず歯磨きをさぼらずに(旦那)、回数を増やすようにとのことでした。

病院でもおとなしいので、ナミの通院は楽
IMG_20161126_192756.jpg

一番厄介なのはちゅちゅかもしれない。こいつは診察台で怒る
お前だよ、お前
IMG_20161129_205646.jpg

アギーは肘掛けじゃないぞ!怒れ、アギー
※アギーはハゲ対策で洋服着用中
DSC_1280.jpg

猫病院の後は、仲良しワンコたちとお散歩へ
IMG_20161126_142945.jpg

いつまでもこうして走れるように、みんな元気でいてねー
IMG_20161126_151253.jpg

この日は暖かかったので川に入る気満々のタロウちゃん。
いやーさすがに11月も終わりだから、また来年ね!
IMG_20161126_162808.jpg

さてさて、明日はみんなで年越しそばを食べる日だわー。
みなさんのおうちでも犬猫たちと幸せな年越しができますように。

では、またです!

  1. 2016/12/30(金) 22:46:50|
  2. 猫-通院記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ponko

Author:ponko
(犬)シモジ 5歳
(猫)ちょん 21歳
   ハル  17歳☆
   おくら  16歳
   アギー  10歳
   ナミさん   8歳
   ちゅちゅ  1歳
  (人)旦那  1名
・・・と暮らしています。
全員オスなのは偶然です。

最新記事

いわゆるランキング

参加してみました!ポチッとどうでしょう?

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

最新コメント

カテゴリ

犬 (85)
犬と旅行 (46)
愛知県 (2)
岡山県 (5)
岐阜県 (2)
京都府 (2)
滋賀県 (1)
静岡県 (4)
徳島県 (2)
鳥取県 (4)
兵庫県 (7)
福井県 (2)
三重県 (10)
和歌山県 (4)
犬とご飯 (21)
犬と六甲山 (32)
犬と登山 (4)
猫と犬 (67)
ドッグラン (40)
猫 (106)
猫-通院記録 (38)
外猫 (2)
旅行(犬無し) (6)
その他 (1)
ハルのこと (3)
ちょん (16)

検索フォーム

月別アーカイブ

ご訪問、ありがとうございます

出会いはここから

こんなのありました

ペット人間化メーカー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR